さて、美観地区で乗った物とは






DSC_3765.jpg






はい おのぼりさん丸出しの人力車
私は嵐山で母と乗った事がありますが、ダンナは初めて
恥ずかしいし、嫌だと言うのを無理やり乗せましたの

"良いやんねぇ~誰も見てへんって"






3777page.jpg






私達が歩いたコースとダブル所もありましたが、歩いてない所もあって
何より、目線が高いのと楽ちんなのと、説明付きなのが楽しい~~






3778cats.jpg






すみませんね~~おっちゃんオバちゃんの写真満載です
ちゃんと撮影スポットが決まってるんでしょうね、いちいち止まって撮ってくれます

なかなか揃って撮って貰う事がないので嬉しい



さて、ここ倉敷は大原美術館で有名な大原家が大原孫三郎の時代に
倉敷紡績(クラボウ)、倉敷絹織(現在のクラレ)、倉敷毛織、中国合同銀行(中国銀行の前身)、中国水力電気会社(中国電力の前身)の社長を務め、大原財閥を築き上げ、美術館・病院が学校、教会までもを作ったそうです

元々大原家は明治の中頃には所有田畑約800町歩の大地主だったそうで
800町歩ってどんだけやろね


とか、杉を焼板にした壁の話とか
もっと色々と倉敷の話を教えて貰ったけど、、、その時はふ~~んスゴイね~って聞いてたけど
半分以上は忘れてるわ(いや、ほとんどかな 笑)






3779page.jpg






その大金持ちの大原孫三郎さんが病弱な奥様の為に建てられた建物が、大原家別邸となる有隣荘
緑色の瓦屋根が目立ちます
この艶やかな緑色の瓦は、 特殊な釉薬が使われており、泉州堺の瓦職人に特別注文したものです。
現在の価格で1枚3万円程だったといわれています。
ビックリポンですね






DSC_3766.jpg






最後はやっぱり大原美術館の前で





3780page.jpg






美術館の前の橋に龍の彫り物が施してあるなんて、言われなかったらまったく見ないよね

30分コースでしたけど、せっかく色々教えて貰ったのに忘れるアンポンタンですが、、、
楽しかったです
ちなみに、カートも後ろに積んでくれるので安心


そうそう、ちゃんとワンコ連れでランチ出来るお店も教えて貰ったよ
私が調べてたお店を一緒でしたけど(笑)





3781page.jpg





イタリアンのお店でランチをと思ってたんだ
複合施設ぽくなってて岡山と言えばデニム?ジーンズでも有名で
ハンドメイドのお店があったりで、飾られてたチビGジャンめっちゃ可愛くないですかぁ~

あっイタリアンのお店ですが、開店までまだ1時間以上あって予約が出来ないので
開くまで待たなければいけないというので、急遽違うお店を予約して美観地区を離れます
※ホント予定はよく変わるのよね~~



なんやかんやで結構長い時間いてましたよ美観地区
次はとっても素敵なランチのお店です
関連記事
スポンサーサイト

旅行::SW::ランチはフレンチ♪

旅行::SW2015::倉敷美観地区

trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)