最近、飼い主ネタばっかりでしたね・・・犬ブログなのに




本日はちゃんと犬ブログらしいですよん

先日、月一恒例の獣医さんへ行く時

コロンさんは耳掃除があるから絶対連れて行かないとダメだけどマンちゃんは

別に耳も汚くないし行かなくてもいいんだけど・・・




そこはお出かけ大好きマロンちゃん、どこでも良いから連れて行けと大騒ぎ

(ウルサイから2ワン連れて行きましたよ、ダンナがね)




いつも動物病院の駐車場で、すでに震えているコロンさんと対照的にルンルン気分のマロンちゃん

先生にも愛想フリフリで嫌な事された記憶はどこに行ったのでしょうか???





ビビリンコロンさんは、またもや病院嫌いになる事をされて帰って来ました






DSC_2034.jpg





以前から出来てた表皮嚢胞

「表皮嚢胞は、代表的な体表腫瘤のひとつであり、
より高齢で多く認められます。
悪性の腫瘍とは異なり、即座に摘出しなければならない腫瘤ではありませんが、
放っておくとどんどん大きくなり、いずれ破裂を起こします。
破裂を起こすと、物凄い炎症を引き起こし、犬は非常に強い痛みを訴えます。
ひどいものでは皮膚が腐り、1cm以上の穴がポッカリ開いてしまう例もあります。

この腫瘤に対する処置としては、角化物を溜め込んでいるカプセルを摘出する他ありません。
大きくなって破裂を起し、悲惨な状況に陥る前に、
なるべく犬に負担のかからない段階での摘出が望まれます。」 とある動物病院HPより




取ってもらったそうです

痛々しそうですが、2・3日はシャンプー控える以外はそのままでいいそう

コロンさんワンとも言わず、ジッと耐えてたらしい
(マロンだったらギャンギャン大騒ぎしてたでしょうね 笑)

コロンさんは外では良い子・・・マロンちゃん外もウチも一緒





DSC_2035.jpg





前にも取ってもらったけど

コロンさんやっぱり皮膚が生まれつき弱いので出来やすいのかな






DSC_2036.jpg




皮膚が弱いからなのか?神経質なのか?

月一で耳掃除して貰っても

耳を搔く → 搔いた足をペロペロ舐める → ついでに手もペロペロ → 舐め過ぎて赤くなる

→ そしてまた舐めるの悪循環






コロンだけの時って犬ってみんな手や足を舐めるのかと思ってたら違うのよね

マロンは舐めたの見たことないような気がする





DSC_2038.jpg





おまけにコロンさん、一週間前から食べたくない病発症で

一粒づつフードを手であげないと食べてくれないのね(朝なんか忙しいのにのんびり一粒づつ

マンちゃんは相変わらず10秒で完食なのに比べめちゃくちゃ手間かかります





DSC_2037.jpg





お坊ちゃま犬コロンと野性児マロン
足して2で割ったら丁度良い仔になるんだけどね
あら、コロンさん顔写ってなかったのね( ̄□ ̄;)!!
関連記事
スポンサーサイト

和歌山::山の上のパン屋さん

楽しそうだけど・・・なんかムカツク!

trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)